成人式はどうして1月にあるの?

更新日:2月8日

もともと成人の日を1月15日に定めたのは、

「元服の儀を新年最初の満月に行う風習があり、それに由来している。」

そもそも元服とは

「奈良時代以降の日本で成人を示すものとして行われた儀式。通過儀礼の一つである。堂上家以上は冠、以下では冠の代わりに烏帽子を着用した。中世以降は混同されて烏帽子を用いても加冠といい、近世には烏帽子も省略されて月代を剃るだけで済ませた。 「元」は首、「服」は着用を表すので、「頭に冠をつける」という意味。」@Wikipedia

だそうです。


また今回の2021年(令和3年)の成人式の対象者は何年生まれのいつからいつまで? かというと平成12年(2000年)4月2日から平成13年(2001年)4月1日までに生まれた方が対象となるとのことなので、早生まれの人1/11~4/1生まれの人はまだ19歳なんですね。


そう考えると1/11にどうしても成人式を行う理由はどうして?という気がします。


コロナ禍なので今年は延期してもいいのではないでしょうかね。

オンラインじゃやっぱり感動も少ないし、なんでも画面の中では

寂しいと思います。


緊急事態宣言が首都圏のみならず、近畿、中部、福岡で発令となりました。

早くワクチンが行きわたって以前の状態に戻ることを願っています。


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示